防音室を作れば周りの目を気にする必要無し

音を遮断する仕組み

女の人

壁の材質と構造がポイント

音は空気の振動ですが、空気そのものを伝わっていく場合と、壁や天井などを震わせて外へ伝わっていく場合があります。前者を空気伝播音と呼び、後者を固体伝播音と呼んでいます。空気伝播音は部厚くて重い壁を作れば防ぐことができます。反対に空気の通り道があれば、音が伝わりやすくなるため、防音室ではドアに隙間ができないよう配慮されています。窓があるときは二重窓にすると、効果的に音漏れを防ぐことができます。防音室の壁には厚くて重い遮音材だけでなく、柔らかい吸音材が用いられることもあります。代表的な吸音材はグラスウールやロックウールで、無数の細かい隙間が空気の振動を吸収します。部厚いほど吸音性能が高くなりますが、表面がコーティングされていると性能は落ちます。このほか穴あき板なども吸音材として用いられます。固体伝播音を抑えるには、ゴムマットやクッションを敷くのが一つの方法です。壁が多重構造になった防音室なら、間に空気の層が入るため、音が直接伝わりにくくなります。ここにグラスウールを詰めておけば、防音性能はさらに高くなります。浮床構造の防音室では、防振ゴムで床と天井が支持されており、固体伝播音を最低限にカットすることができます。もちろん防音室内部には遮音材や吸音材が施工されていて、空気伝播音を遮断するにも効果的です。大がかりな工事になると思われがちですが、マンションに設置できるユニットタイプの防音室も販売されています。

女性

家で楽器演奏したい方

楽器演奏を家でもしたい方にとって、防音対策は近所トラブルを避ける上でも検討する必要があるでしょう。電子系の楽器であればヘッドホンである程度の音は防げますが、ドラム演奏を行いたいなら防音工事をすると、快適な練習ができます。

レディ

防音工事のメリット

好きな楽器や歌を練習したい場合には、防犯対策をしておくと安心です。きちんと防犯対策をしておくことで、騒音によるご近所トラブルを避けることが出来ます。また、時間を気にせず音を出すことができますよ。